2017年7月

残された大市場 今後も成長する新分譲市場に商品住宅で切り込む

分譲(建売+売り建て)住宅市場は23万戸。注文住宅市場に匹敵するビッグマーケット※推計 ここ3年の住宅着工統計(図表1)から一戸建て着工数の内訳をみると、注文市場は約28万戸です。しかしそこには不動産会社を通じて土地を先 […]

2017年6月

すでに始まっている大相続時代をチャンスに
不動産ネットワーク「不動産相続の相談窓口」
〜エリア制「相談窓口」で地域の相談を引き受ける〜

大相続時代では「不動産業者こそ」相続相談の頼れるパートナーとなる 「世代間資産移転の促進に関する検討会報告(平成25年3月)」では、宅地資産の約60%、約530兆円の宅地資産が60歳以上の高齢者が保有するなど、大半の資産 […]

2017年6月

お客様情報を持ち続けることが価値を生む時代に
アフターマーケットをチャンスにする『ハイアス家価値サポート』

ストック重視にシフトする住宅市場 情報を持ち、情報を活かすことが住宅企業の生き残りに不可欠な時代へ 今回の国会で国土交通省から提出されている法律案、例えば住宅宿泊事業法案、不動産特定共同事業法の一部を改正する法律案、住宅 […]

2017年6月

第3段 CMS(コスト・マネジメント・システム)ご導入成果事例
〜CMSの真価は、原価管理ツールを超えた業務改善支援〜

はじめに 原価管理水準の向上とコストアップ要因の撲滅を目的としたCMS(コスト・マネジメント・システム)がリリースされて間もなく3年が経過します。多くの導入企業から「積算関連業務の生産性が上がった」「コストダウンが図れた […]

2017年6月

R+houseネットワーク加盟で成功する理由
「稼げる事業モデル」と「経営研究会」で成長企業に導く

企業の成長に必要な「事業モデル」と「経営力向上」の両輪を提供するR+house 企業が成長し生き残るための条件は、性能や品質で競合に勝る商品を持ち、体制や人材を整え、経営計画を元に日々着実に実践することが大切です。R+h […]

2017年6月

シリーズ調査を読む#015
「第3回くらしと生活設計に関する調査(一般財団法人ゆうちょ財団)」から
持ち家を持つ4割が自宅の将来資産価値を悲観?

住宅資産価値の維持向上に貢献するための住宅不動産業者の役割を考える 今回紹介する調査は、「くらしと生活設計に関する調査」です。この調査の目的は、個人の生活設計や暮らしむきに関する考え方を調査することにより、個人金融に関す […]

2017年6月

競争激化の市場では「相談対応力」が勝ち残りの条件
〜リライフクラブが提供するのは、相談対応力を高めるツールと学習機会とモチベーション〜

競合に勝つ最良の方法は、顧客から選ばれる営業マンになること。住宅FP相談という他にない「相談対応力」で信頼を獲得する 住まい手が住宅取得を検討される理由には、家族の成長に合わせて家族が満足する、住み心地のよい住まいを手に […]

2017年6月

シリーズ眼を養う#016
R+house 住宅のデザインを探る

今回の敷地は福岡県飯塚市の市街地に程近い小高い丘の上の東西に細長い土地でした。 丘の上とはいえ、景色のいい東側には今後住宅が建つことが容易に判断できる宅地があり、反対の西側は約4mの道路を挟んで崖がそびえたっています。ま […]

2017年5月

シリーズ調査を読む#014
「住教育」の始まりとハイアスが提供する住教育「金融リテラシー調査2016」

住教育。求められるのは賃貸や取得、維持管理、処分などに関する体系的な教育 少し古いニュースとなりますが2016年の夏、住宅新報(2016年8月23日号)に「国交省 社会人向けに“住教育” 一生涯「住宅との関わり方」啓発へ […]

2017年5月

住宅・不動産業界フォーラム第6回リライフクラブ全国大会開催報告
「住宅営業」オリンピック。住宅FPグランドマスター決定
~3代目住宅FPグランドマスター候補者たちの事例発表に詰まった住宅営業の基本~

2017年4月10日(月)に弊社が展開する住宅FPアドバイザーのネットワーク「リライフクラブ」の全国大会が開催されました。6回目の開催となる今大会の目玉として、全国で2,100人いるリライフクラブの住宅営業担当者の代表の […]

1 2 3 4 5 ... 65
BACK

ページトップに戻る