住宅

シリーズ眼を養う#037
R+house 住宅のデザインを探る

春日 琢磨 様

春日琢磨建築設計事務所

春日 琢磨

生活の背景としての遠景

敷地は郊外の密集住宅街にあり、接道側6mを上底、南側境界線16mを下底とする台形状の変形地で、接道する北面を除いた三方向から隣接建物が迫っており、広さがある割に非常に圧迫感を感じました。

その中で敷地奥に僅かではありましたが東方向にのみ遠く山並みが広がる抜けがあり、この遠景を取り込むことを計画の軸としました。

配置計画としては、変形地に対して単純なボックスと6台分の駐車スペースを前面道路から並行垂直に配置し、残りの変形余剰地を庭として整備しました。その結果、敷地東奥の遠景が望める空間を道路側からは見えないプライベートな空間として確保することができました。

内部では、その東方向の抜けに対して生活の中心を設け、遠景が生活の背景として感じられる印象的な開口を設けました。またその印象性を高めるために、住宅全体の各開口部に明確な大きさの差を持たせました。その上で内部空間の突き当たりには必ず開口部を設けるようにし、日常生活の至る所で外部空間を感じ、その小さな経験の積み重ねのクライマックスとしてリビングの遠景が意識されるよう配慮しました。

この開口からの遠景が、閉鎖的な道路側からの印象とは大きく異なる解放的で伸びやかな内部空間を創り出すと共に、ここで暮らされるお施主様家族の原風景としていつまでも寄り添うきっかけになれば良いなと思います。

外部正面はミニマムな表現とし、夜景ではスリットからの灯りが印象的な表情を作り出します。

カーポートから濡れずに入れる玄関を開くと、スリット越しに庭が自然と目に入ります。

遠景を望む開口部。吹抜けを介して自然光を家中に届けてくれます。
4.5帖の吹抜けに対し1面全てを開口部としているので、開放感とともに明確な方向性を持った空間となっています。

吹抜け上部よりリビング、キッチンへと繋がります。

2階の吹抜けに面する場所には読書スペースを設けており、家族の気配がどこにいても感じられます。廊下の突き当たりにも開口部とともにスペースを設けています。

HyAS View 2020年9月18日 金曜日 10:04

ハイアス総研レポートNo.17
「競合に勝てる会社」になるために、
覚えておきたいキーワードCX(カスタマー・エクスペリエンス:顧客経験価値)

なぜCXがキーワードなのか
それは、数字競争「だけ」では差別化が難しい時代になるから

一般的に、機能・性能・価格といった数値で比較可能かつ合理的な価値はコモディティ化(同質化)しやすいと言われます。例えば、住宅性能表示という基準では一般的な分譲住宅も高級な注文住宅も消費者には「性能の等級は同じ」としか見えません。事実その基準においては両方とも満たしていると考えられてしまいます。また、家電製品や自動車にあるように、調理機能の多さ、エンジンの馬力など数値で示されるものは競争相手にベンチマーキングされ、すぐに上回られてしまう場面は読者の皆様もご存知の通りです。

もちろん、機能・性能・価格はお客様にとって大事な判断材料であることは間違いないですし、国が決めた最低基準のクリアではなく、より高水準な基準を上回る良品の供給は大事なことです。しかし消費者からどう見えるか? を考えると、「それ(機能・性能・価格)だけ」では自社の特徴を出したり他社と差別化したりすることが難しい現実もあるということです。

差別化が難しいどころか
CXが低いと同じ商品でも「選ばれなくなる」時代に

図表1は、既に獲得している市場シェアに応じた競争戦略の提唱など、様々な企業の競争戦略理論で有名なコトラー氏が定義した「顧客の受取価値」という考えをざっくりと表したものです。

「顧客の受取価値」は、商品やサービスが本来提供している機能・性能・価格などで表される価値と商品サービスを提供する過程で顧客が体験した(する)「感情的な価値」、例えば

• 商談の場の雰囲気や匂いや色合いなどを通じて感じる
 心地よさなどの「感覚的な価値」
• 細やかで気が利いている対応がもたらす
 嬉しいとか安心といった「情緒的な価値」
• (この人のおかげで)勉強できた、
 知らないことがわかってよかったといった「知的な価値」

など様々な体験を通じた「感情的な価値」に大きさによって、商品やサービスを受け取る時に得る総合的な価値、すなわち「顧客の受取価値」が上りも下りもするということを示しています。

HyAS View 2020年9月18日 金曜日 10:03

暮らしの変化をチャンスに!
ーリフォーム事業のチャンスにできるかは、まさに今からの取り組み次第ー

生活者の暮らし方が変わる?
コロナ禍で起こりつつある変化を理解する
(弊社調査結果から)

新型コロナウイルスによる外出自粛要請が出されて以降、
自宅での時間の過ごし方に変化はありましたか?

HyAS View 2020年9月18日 金曜日 9:57

環境変化に柔軟に対応する建築家の力
ーR+houseが3カ月で279件のテレワーク対応プランの設計ー

建築家住宅R+houseだからできたニューノーマル対応
自粛期間が開けた6月にはすぐに受注トレンドも回復基調に

6月にリリースしたニュースでは、外出自粛期間にあたる3月から5月に受け付けたプラン設計依頼303件のうち、279件はワークスペースが組み込まれたプランでした。これは、顕在化した需要を即時に捉え、対応できる建築家住宅の仕組みがもたらした結果です。引き続き「新しい生活様式」が求められるなかで、「安心・安全」を確保しながら働く環境を整えることが重視されてくることは想像に難くありません。

建築家住宅R+houseの強みである「エンドユーザーのニーズや志向の変化を上手く、かつ素早く汲み取ったプラン提案」を行う対応力が、他社との差別化をはかるためのポイントになることは間違いないと考えます。

こうした顧客対応力も相まって、4月~5月の大手ハウスメーカーの受注が前年比30%前後のダウンとなっていると言われるなか、R+houseネットワークの6月の受注実績は早期に前年同月の水準に回復しました。

HyAS View 2020年9月18日 金曜日 9:26

消費者を満足させるプラン品質
ー選ばれるプランには理由がある。無駄のないデザインのプランを持つHIROGALIEー

時代で需要は変わる
~コロナを契機に住まいへの期待が変化。
「仕事専用スペース」「宅配対応」「通風性能」~

新型ウイルスの感染拡大防止のための自粛期間は、今まで当たり前だと思っていた考え方や価値を大きく変えるきっかけになりました。象徴的な変化は働き方です。テレワークを経験した方、その結果その働き方でも十分仕事ができることを体験した方は多くいらしたはずです。

これは住宅市場においても同じです。たとえばリクルート住まいカンパニーが2020年5月に実施した消費者調査でも、住宅に求める条件が変わり、「戸建て」の価値が見直されたという結果でした。暮らし方が変われば暮らしの場である住宅に求めるものが変わるのは当たり前です。

HyAS View 2020年9月10日 木曜日 17:20

BACK

ページトップに戻る