住宅

シリーズ眼を養う#039
R+house 住宅のデザインを探る

三島 史子 様

タイムズ・アンド・デザインオフィス

三島 史子

スカイテラスと秘密の書斎が欲しい。この組み合わせは初めての依頼でした。

敷地の東と西には3階建てが建ち、南側は崖条例で寄せる事が出来ず、せめぎ合う条件の敷地をどう使えばよいのだろう。

スカイテラスもあるなら2階リビングにしたほうが使いやすくて広くとれると想定できたのでお施主様にまず提案しました。

デメリットに思える条件をプラスに変えられないだろうか。

崖条例で造らないといけない擁壁は寝室と浴室の目隠し塀に、1階の採光、車半分のガレージ、一つずつ建築条件と要望をクリアしていく中、これが楽しい特別なものになればいいなと思いながら、プランを進めました。

結果、スカイテラスがもたらすプランの面白さに気づくことになりました。2重に重なる階段の迫力、階段周りに吹抜を絡ませることでスカイテラスの光を感じる玄関、上から光が降り注ぐという感覚。想定内で想定外の面白さを発見しました。

さて、秘密の書斎はどこにしよう。小上がりの和室の扉を開けるとさらに小上がりの秘密基地。ここは行き止まりだけど、吹抜に面してるので小窓をとろう。
ここから玄関のお客様をお迎えしたり、姿は見えないけどキッチンにいる奥様に声かけられるといいかもしれない。おまけに浮遊感のある書斎ってどんな気分だろう。そんなことを考えながら、まとめていきました。家事動線は最短距離で、
キッチンからはすべてが見渡せることは、私が設計をする上でのいつもの条件です。

お施主様が毎日、楽しく快適に過ごして欲しいといつも願っています。

スカイテラスがある事を感じないシンプルな外観、オーバーハングしている部分は車が半分入るガレージ的スペース。雨にぬれずに玄関へとアプローチ。
板張りの後ろに玄関と地窓があるが道路より直接中は見えない。砂利と植栽で少し和なテイストを演出

2階のLDKからスカイテラスへの階段をみる。キッチンの前奥には玄関とつながる吹抜があり、家族の帰宅の気配を感じられ、上にはスカイテラスとつながる吹抜とハイサイドがある事で、終日柔らかな光を感じることができる。
キッチンの奥は効率的に家事がこなせる収納重視の奥様の書斎、小上がり和室のアーチ型開口がご主人の書斎

ご主人の書斎/扉を閉めれば書斎がどこにあるか分からない。
内部は和室からさらに小上がりになっていて、床を彫り込んで座れるようになっている。室内窓は玄関の吹抜につながる。こだわりがつまった特別な空間

2重に重なる階段を玄関から見上げる。階段の迫力と降り注ぐ光で玄関を演出。
玄関からスカイテラスの窓が見え、空まで見えるのが魅力的

スカイテラス/完全なプライベートな庭、隣家や道路からの視線を気にすることなく外の空間を楽しむことができる。食事をしたり、夜風を楽しんだり、吹抜を含んだペントハウスの窓から室内を覗くのも楽しい。

山本 清美 様

建築計画設計事務所

山本 清美

敷地の南側隣地、桜の木々に向けた眺望をリビングルームに取り込むために2階にLDK+家事室・バスルーム、1階は3寝室+ファミリークローゼットと書斎のプライベートエリアとして配置計画。

階段は建物のほぼ中心を貫く位置に配し、玄関近くで帰宅時の手洗いをすませ、2階LDKへ。廊下を極力避け、限られた床面積を有効に使う上下の動線計画としています。

また、この階段は2階上部のロフトまで繋がり、建物に一体感と生活体験に面白みをもたらす重要かつ楽しくもある装置(上下移動による見え方の変化を生み出し、見え隠れするスクリーンとしての役割など)として構成。

生活の中心を担うのは2階。上部ロフトと吹抜けで繋がり、キッチン・パントリー・家事室などの作業動線を回遊し階段と直結。買物の搬入、ゴミ出し、洗濯衣類の片付け、等々からのストレスを和らげ家事のし易い計画としました。

また、家族が一つ所に寄り添って楽しい時間が過ごせるよう、食事の準備をしながらリビングでくつろぐ家族の様子を見たり、宿題をする子供たちとスケルトンの階段越しに目線や言葉を交わし、食事の後片付けをしながらロフトではしゃぐ子供達の様子も感じられる空間を思い描いて設計しました。

2階のLDKは間仕切らずワンフロアの中に連続していろいろなコーナーのように見え隠れさせて配置。屋根勾配を利用した吹抜けや上部ロフトを一つの空間とすることで、一体感・上昇感・開放感といった変化と面白味のあるリビングに。

ロフトからリビングを吹抜け越しに見下ろす。吹抜は屋根勾配に合わせた天井にし、ロフト(小屋裏収納)とつながっている。リビングは窓越しのバルコニーへの広がり感と上部吹抜けへの上昇感によりコンパクトながら開放感のある場となっている。

玄関近くに設けた大容量のファミリークローゼットは寝室への通路を有効活用。来客時のコートも玄関先で預かりしまえる。造作棚に市販の収納ボックスを設置することで家族にあった使い勝手をカスタマイズできる。

子供たちの宿題、端末検索、テレワークなども想定したコーナー(フリースペース)は、上部ロフトに通じる階段下を利用して配置。そこは見え隠れを演出するスクリーンのようなスケルトン階段を通してキッチンに立つ家族とコンタクトができる。

食事の準備をしながらリビングでくつろぐ家族の様子を見たり、宿題をする子供たちと階段越しに目線や言葉を交わし、食事の後片付けをしながらロフトで遊ぶ子供達の様子も感じられるキッチン。日当たりの良い大きな窓越しに緑も楽しめる。

HyAS View 2021年3月11日 木曜日 18:09

8か月の支援で実現!
超実践型工務改善プログラムで経営改善

単発の成果ではなく、企業の体質を改善
顧客の満足と社員のプライドを生む工務店になるために

BECK工務ビジネスアカデミー(以下BECK)では、地域工務店を「大手住宅事業者に負けない地域で必要とされる企業」としてブランド化することを目指しています。大手に負けない収益性と施工品質を身につけるためには単にアプリケーションやシステムの導入だけでは実現しません。BECKでは、現状を正しく認識して改善点を明らかにし、利益と施工品質を高める個別の改善活動支援を経営者と伴走しながら進めていきます。

BECK成果事例共有

BECKに加盟されました第一期生は、体質改善やシステム操作研修を経て、フォローアップ研修に取り組んでいただいております。フォローアップ研修では、担当コンサルタントと決めたゴール設計書に対しての振り返りを行うことで自社の現状を把握していただきます。また第一期生の活動状況の共有を行うことで、粗利改善や工期改善など成長したことを共有・習得し、更なる強化を目指していきます。最後に、残りの期間で行うためのゴール設計書の軌道修正を予定しており、なぜ計画通りできていないのか、原因は何かを把握することで、どのように改善を図るべきかを認識していただきます。

今回は、その中からBECKに加盟されたことで利益体質の改善に成功した事例を簡単にご紹介いたします。

HyAS View 2021年3月11日 木曜日 17:55

予約制の接客でも成果を出す住宅・不動産営業スキル・知識
コロナ禍での変化に負けないために、今こそ参加すべきリライフクラブの研修

現在新型コロナウイルスの影響から、接客を完全予約制にしている会社も多いと思います。予約制になったことで、以前と比較して接客総数を増やしにくいとお感じの経営者もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような状況だからこそ、今まで以上にお客様をしっかりグリップして契約につなげていくことが重要になってきます。

営業パーソン一人一人が着実に実績(契約)を上げていくために、競合他社の営業パーソンにはない接客品質の高いお客様本意の提案力をつけ、差別化する力を身につけることが必要です。

リライフクラブは住宅・不動産営業の教育組織として、会員各社の営業パーソンの実績向上のためのツール提供や育成のための研修を日々行っております。今回は実際に会員が取り組んでいる知識習得、スキル向上のための研修を少しだけ紹介します。

HyAS View 2021年3月11日 木曜日 17:51

住宅産業の新・スタンダード 不動産+住宅事業の融合
不動産販売集客から注文請負を。好循環を生み出す「移動式モデル展開」

顧客、市場の変化に対応する

「良いものを簡単に手に入れたい」という顧客ニーズが高まっています。それにより、従来の「自社では売るだけ、もしくは建てるだけ」ではなく、不動産と建築の両サービスを提供できる会社が顧客から求められていくでしょう。

このような市場の変化を先取りして、規格住宅事業のHIROGALIEに加盟し、不動産業から住宅事業に参入して確実に成果を出されている企業の取り組み事例を紹介します。

不動産業から住宅+不動産業へ転換した 岐阜県・P社の事例

P社は以前、岐阜県内で主に建売住宅の売買や中古住宅・土地の売買、土地分譲を行っていました。しかし、住宅市場が縮小する中、不動産仲介や分譲など不動産事業だけに取り組むことに限界を感じていました。

新領域としてこれまでの仕事との繋がりもある新築住宅事業に参入しました。ただ、ローコストビルダーの新築住宅の販売をやってきた経験から、ローコスト住宅は性能も悪く引き渡した後に顧客からのクレームが多くなるという懸念がありました。そんな時に知ったのがHIROGALIEでした。性能が良く、デザイン性にも優れるという特徴が差別化にも繋がると感じました。加えて資金回収までのスパンが短いことが不動産事業との相性もよいと考えHIROGALIEに加盟を決めました。

HyAS View 2021年3月11日 木曜日 17:42

成果が出るリノベーション事業「ハウスINハウス」

ハイアスが運営する断熱リノベーションネットワーク「ハウスINハウス」では、2021年1月6日に「ハウスINハウス ネットワーク臨時情報共有会」をオンラインで実施しました。共有会ではネットワークの現状報告、今後の活動方針の他、会員企業様に成功事例としてその活動内容をお伝えしました。以下、これからハウスINハウスネットワークへの加盟をご検討される経営者の皆様に向けて、当日発表された2社様の成果事例を紹介いたします。

新築事業に代わる新たな収益の柱へ
イベント開始8ヶ月で
大型リノベ案件2件とモデル売却が確定


※川内産業株式会社 立部社長 発表風景

川内産業様は佐賀県伊万里市を拠点に活動されており、年間約20棟の新築受注がある住宅会社です。佐賀県の着工戸数は2010年から2030年の間に62%減少するという予測もあり、新築事業だけでは自社の売上を維持するのは難しいと判断。新たな収益の柱をつくるべくハウスINハウスに加盟されました。

立部社長は新築営業も兼務していたために非常に多忙な身ではありましたが、ハウスINハウスは自社に必要な事業であるという強い意思のもと、体感モデルハウスとして中古物件を購入、リノベーションし、月に1回のペースで体感会と銘打ってイベントを継続して実施されました。

モデルオープンから半年、1,600万円のリノベーション案件を2件受注、更にその2ヶ月後には2,500万円(粗利600万円)でモデル物件の売却が決まりました。モデル物件は集客期間が長くなるにつれ集客効率は落ちていきますが、移動式モデルとして物件購入、リノベーション、イベント利用、その後売却というサイクルを回すことで常に新しい体感モデルを示すことができ、集客総数を保つこともできます。また売却を前提としているため、集客はリフォーム客層のみでなく、一次取得者層も対象となることからも客層を拡げることに繋がっており、収益機会を増やすことにも成功しています。

既に次の物件購入の目処もついており、今後も再販を前提としたモデル集客活動を積極展開していくとのことです。

HyAS View 2021年3月11日 木曜日 17:38

BACK

ページトップに戻る