OMソーラーシステム

消費者から求められるプロとしての仕事ができているか

地域工務店が生き残るために必要なこと

依然として厳しい住宅市場の中で着工待ちのお客様が行列する会社がある

新設住宅着工戸数の推移

平成22年の新設着工戸数は81.3万戸で、平成21年の78.8万戸よりも増えましたが、平成20年の109.3万戸の水準を回復するまでには至らず、依然として厳しい状況が続いています。この厳しい市場に対応するために、住宅会社は革新を迫られています。

住宅購入者層の年収が落ちたことに対応するために、まずローコスト住宅に注目が集まりました。しかし、ローコスト住宅のノウハウを一巡し、タマホームやパワービルダーがシェアを伸ばしたあとは価格競争に陥り苦しんでいる会社が多くなりました。

そこで、他社と差別化するために、高性能住宅やデザイン住宅、自然住宅に多くの会社が取り組みました。しかし、似たような住宅に取り組む会社が増え、持家市場が縮小する中で大幅に棟数を減らす会社が増えています。

このような市場でも、着工待ちのお客様が行列し、安定受注を続けている会社があります。そのような会社になるためのヒントを掴んでもらうために、弊社では1月26日、28日に「設計力を極め、自社ブランドを地域に浸透させる工務店戦略」と題して、3人の講師をお招きしてセミナーを開催しました。

参加企業の経営者様からは、「このセミナーをヒントに自社の戦略を見直したい」、「刺激的な話で、いくつものヒントが得られました」とコメントを頂きました。ここではそのセミナーのエッセンスを紹介したいと思います。

HyAS View 2012年2月9日 木曜日 15:49

本物の自然素材住宅

OMソーラーの本部をお邪魔し、社長といろいろお話をさせて頂く。
六価クロムの問題については以前からご認識いただいており、セメント改良をやるべきではないと感じていただいている方なので、今日は、液状化に対して住宅会社として対応をする義務について、ディスカッションをさせていただく。
新商品のモデルハウスを本社敷地内に建築することを検討されているようだが、そこにHySPEED工法を地盤改良として採用する意向を頂く。たいへんありがたいことである。
自然素材を売りにする工務店は最近多いが、その大半は本物ではないと感じる。
その中、OMソーラーは、本物の自然素材住宅を提供する工務店が圧倒的に多く、エコや顧客満足度に対する意識も極めて高いように思う。
逆に、セメントを使った地盤改良をやる工務店が、お客さんに自然や健康、エコ、資産価値を語る資格はないと思うし、顧客満足と言っても、虚言のように感じる。

HyAS&Co.Blog 2011年10月26日 水曜日 23:54 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

60万戸時代に対応するための工務店戦略とは?

戦略転換を図って成功した事例に学ぶ

消費税バブルの2006年には160万戸を誇った新設着工数も、現在では急速な少子化により年間着工件数がわずか60万戸という時代に突入しつつあります。そんな中、地域工務店はどんな戦略を採るべきなのでしょうか。新たにOMソーラー会員になられた工務店の事例をご紹介します。
(さらに…)

HyAS View 2011年2月15日 火曜日 17:01

太陽熱システムOMソーラーの新技術!

更なる快適生活を追及する創エネ住宅『エコスカイハウス』登場

 

OMソーラーの新しい取り組み

 弊社の事業提携先であるOMソーラー(株)と、三菱重工業グループ7社は、国土交通省から「平成20年度住宅・建築関連先導技術開発助成事業」の指定を受けて、2008年度に『エコスカイハウス』の開発に着手し、2009年10月より販売を開始しました。既に全国で続々と建築されております。
 また、モデルハウスを横浜市西区の三菱重工社宅敷地内に建設し、2009年2月から下記条件で、モニター実証に取り組んでいます。
(さらに…)

HyAS View 2011年2月3日 木曜日 15:59

設計力と地域ブランディング

今日は、いつものHyAS&Co.セミナーとは少し趣向を変えて、有名な設計師の方に登場いただき、工務店の設計力と地域ブランディングをテーマとしたセミナーを行った。
多くの皆様に参加頂き、たいへん盛況であった。

「何でもやります」という工務店は、実質、何も特徴がないに等しく、エンドユーザーにとっては、その工務店で建てるメリットが見えにくい。

工務店サイドも、明確に発信できていないので、「施工が丁寧」「自然素材」など、どの工務店でも言っているような内容しかアピールできない。
そういったことに課題意識を持っていただいている工務店の経営者の方であれば、今日のセミナーはたいへん刺激になったのではないかと思う。

当日スピーチいただいた、行列ができる工務店の社長の話を聞いていると、やはり、エンドユーザーにとって、この会社の家づくりやその想いなどが明確に伝わるような露出がなされている。
工務店の生き残りのための最低限の条件ではないかと思う。

HyAS&Co.Blog 2011年1月26日 水曜日 23:15 投稿者:HyAS&Co.柿内和徳

BACK

ページトップに戻る