HySPEED工法

水害リスク説明義務化。住宅会社も土地の安全性を説明する時代に
ー「 土地の安全」への消費者意識が変わるー

消費者の「土地の安全」に対する考え方が変わる

■ 国交省が水害リスクの説明義務化

7月17日、国土交通省は宅地建物取引業法施行規則の一部を改正する命令を公布し、不動産取引時に水害ハザードマップにおける対象物件の所在地の説明を義務化しました。すでに8月28日から施行されています。

ご存知の通り、近年、国内各地では大規模な土砂災害や河川氾濫が頻発しています。そうした災害は人命に直結するものです。不動産購入前に災害リスクの情報提供が重要視されることは当然ですし、むしろ、これまで災害リスクに関する情報提供が普通に行われていなかったことに驚きます。

いずれにしても、この取り組みをきっかけに、土地の安全性ということに対して、消費者の意識が格段に高まっていくことは容易に想像できます。

「土地の安全性」に関する情報提供を先導してきた取り組み

■ プレ地盤診断サービスBIOSCOPE

ハイアスとハイアスの関連事業団体である(一社)住宅不動産資産価値保全保証協会では、そもそもお客様にとって住宅不動産の購入は見えないリスクとの戦いでもあり、リスクを少しでも軽減するために備えるべきは、取得時にできる限り「情報の非対称性」をなくすことであると考えてきました。それは人の手によって作られる建物に関わる情報に限った話ではなく、むしろ人の手によらない分、わからないことが多い土地については尚更だと考えてきました。

土地のリスクには国交省の対策にある、そもそも(ハザードマップ上の)どこにあるかということ以外にも、地震などによる液状化や地盤沈下というリスクもあります。私たちは、地盤改良事業を通して得た知見や情報をまとめて、液状化や地盤沈下の可能性を事前情報として提供することで、住宅不動産会社の対消費者営業のサポートを展開してきました。

そのうちの一つが「プレ地盤診断サービス(BIOSCOPE)」です。BIOSCOPEでは全国の地盤情報データを集約し、お客様が検討する土地周辺の液状化リスクなどの地盤情報に加え、地震・浸水・近隣の避難施設の場所などの災害関連の情報もレポートとしてまとめています。

これから住宅を手に入れたいと考えるお客様にとっては、土地のリスク情報を知ることが出来るのであれば知っておきたいというのが本音です。こうしたお客様の本音に応えるためにBIOSCOPEをもとに説明することで住宅会社の営業担当者はお客様からの信頼を獲得しやすくなるわけです。

HyAS View 2020年9月10日 木曜日 17:24

【新建ハウジング】ハイアス・アンド・カンパニー、「HySPEED工法」がSDGs宣言

新建ハウジング-令和元年5月23日(月)

ハイアス・アンド・カンパニー、「HySPEED工法」がSDGs宣言

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区)は、同社が全国展開する天然砕石を活用した環境対応型の地盤改良工法「HySPEED工法」が、SDGs(エス・ディー・ジーズ=持続可能な開発目標)へ参加することを宣言した。

(さらに…)

プレス記事 2019年6月26日 水曜日 15:49

【建通新聞東京】HySPEED全国大会を開催

建通新聞東京-平成30年6月6日(水)

HySPEED全国大会を開催

ハイアス・アンド・カンパニー(品川区)は5月25日、「第12回 HySPEED全国大会」を都内で開いた。全国展開する天然砕石を活用した環境対応型の地盤改良工法「HySPEED工法」の普及状況や受注拡大に向けた施策などを発表した。

柿内和徳取締役常務は、前年度の実績を報告するとともに、「今後の建設業界の動向を冷静に分析し、顧客の経営状況に合わせた提案を心掛けてほしい」とあいさつした。その上で「今後は、翼付回転貫入杭を用いた杭状地盤補強工法『アロースピード工法』の推進に注力していく」と方針を示した。

大会では、山形採石の佐藤将治氏とグラウンド・ワークスの中根和隆地盤事業部長がHySPEED工法の活用事例などを発表した。

(さらに…)

プレス記事 2018年8月23日 木曜日 15:24

【日刊建設産業新聞】累計施工実績5.6万棟に 環境対応型地盤改良HySPEED工法

日刊建設産業新聞-平成30年6月4日(月)

累計施工実績5.6万棟に 環境対応型地盤改良HySPEED工法

ハイアス・アンド・カンパニーは、全国の加盟各社とともに、天然砕石を活用した環境対応型の地盤改良工法「HySPEED工法」を事業展開しており、5月25日現在で累計施工実績が5万6000棟に達した。

同社は、07年5月に「HySPEED工法」事業を開始し、現在、全国ネットワーク体制となっている。年間施工棟数は7000棟~8000棟レベルで、19年度末(19年5月~20年4月)までの計画として、年間施工棟数を1万棟規模にしていく方針だ。

同工法は、①天然砕石を使用してセメント等を使わないため、土壌汚染の懸念が無く、土壌汚染による資産価値毀損リスクがない。②通常の杭の様に産業廃棄物、埋設物扱いにならないため、土地の資産価値を毀損しない③施工後の品質検査を徹底④液状化による建物の被害低減効果への期待、といった特徴を備えている。これらの特徴が、環境への配慮、エコロジーな住環境提案の意識の高まりといった変化にマッチし、採用住宅会社が増加している。

09年に建築技術性能証明を取得しており、一般住宅のほか、アパート、店舗など様々な建物の地盤補強工法として採用されており、公共工事でも採用が増加している。

また、今年8月から、住宅資産価値保全保証協会のオーガニック地盤保証「BIOS」と連携し、住宅会社の受注支援サービスを拡充することを一般会員住宅会社向けに、ハイアスが提供する戸建住宅のアフターメンテナンス品質強化サポートシステム「家価値60年サポート」と連携した際に通常の30年から60年に延長でき、住宅購入検討者から一層の信頼を獲得できるようにして、住宅会社の受注支援につなげていく。

(さらに…)

プレス記事 2018年8月23日 木曜日 15:06

【日刊建設産業新聞】施工実績が累積5万棟突破

日刊建設産業新聞-平成29年7月19日(水)

施工実績が累積5万棟突破

ハイアス・アンド・カンパニー
天然砕石活用 環境対応型の地盤改良工法

ハイアス・アンド・カンパニーは、天然砕石を活用した環境対応型の住宅地盤改良工法「HySPEED工法」を全国展開しており、施工実績が17年6月末時点で累積5万0181件となり、5万棟を突破した。また、採用住宅会社・工務店の社数も累計で1万1250棟を超えた。

「HySPEED工法」は、07年に事業を開始。天然砕石のみを使用するため、土壌汚染の懸念がなく、土壌汚染による資産価値毀損リスクがない、通常の杭のように産業廃棄物、埋設物扱いにならないことから、土地の資産価値を毀損しないことや、施工後の品質検査の徹底、液状化軽減効果、といった特長を持ち、住宅会社、施主の双方にとって安心・安全な住宅地盤を提供してきた。

拡大の背景として、全国160社の施工ネットワーク体制のよって、北海道から九州まで施工エリアを網羅し、個人の資産価値に悪影響を及ぼさない工法として積極的に啓蒙活動を続けてきたこと、加えて、近年の地震災害を経て、住宅地盤への関心が高まったことなどが要因としている。

さらに、工法の安全性についても建築技術性能照明を取得しており、昨今では一般住宅以外にもアパート、マンション、店舗、工場など様々な建物の地盤補強工法として採用されていることも順調な実績を積み上げる要因となっている。

(さらに…)

プレス記事 2017年7月19日 水曜日 18:19

BACK

ページトップに戻る