ハウスINハウス

リフォーム産業新聞-平成30年8月6日(月)

木のすまい工房
非破壊の断熱リフォーム

室内6面にパネル貼り付け

注文住宅を手掛ける木のすまい工房(千葉県八千代市)は、断熱リフォーム「ハウスINハウス」を開始した。これはハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区)が開発するリフォーム商品で、断熱パネルを室内の天井、壁、床に貼るもの。家を壊さずに工事ができる。
非破壊のため工期短縮を実現。最短10日間で工事が完了する。また、必要な部分だけリフォームできるため、住みながらの工事ができる。
断熱パネルは、はにかむ構造の断面に断熱材を注入し、合板でサンドしたもの。パネルの断熱性能は省エネ基準を満たす。「専門性があり、最終的に目に見える形でお客様に喜んでもらえるもの。それが断熱だと思います」と阿久津弘幸社長。
また、気密性を重視しており、基本的に天井、壁、床の6面を施工する。いくつかの物件で行った気密測定では、C値2.0[㎠/㎡]以下を確保した。
「丁寧な仕事に専門性を作っていくことで、良い仕事ができます。お客様に感動してもらえるようなリフォームをしていきたい」(阿久津社長)
目標は年間60棟。3年後にリフォーム事業で売上高10億円を目指す。キッチン・洗面所・バス・トイレの水回り込みの基本パックで498万円(税別)。

(さらに…)

2018年9月20日 木曜日 9:38

週刊住宅タイムズ-平成29年10月23日(月)

ハイアス「全国一斉体感会」今年11月から来年2月

ハイアス・アンド・カンパニーは今年11月から来年2月にかけて、ハウスINハウス加盟店とともに「全国一斉体感会」を開催する。

断熱リフォームをエンドユーザーに体感してもらい、断熱リフォームの重要性の理解を促す。

実施日は11月18,19,25,26日、12月2,3,9,10日、2018年1月20,21,27,28日、2月3,4,10,11日。

(さらに…)

2018年4月13日 金曜日 13:13

リフォーム産業新聞-平成29年8月8日(火)

ハイアス・アンド・カンパニー 第3回「ハウスINハウス全国大会」
断熱リフォームで差別化を「健康維持コストの低減につながる」

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都港区)は7月18日、第3回ハウスINハウス全国大会を東京・学士会館で開催。オリジナル断熱パネルの開発により非破壊・短工期・価格明示での戸建断熱リフォームを可能とした「ハウスINハウス」の全国ネットワークに加盟する約50社60人が参加した。

開会にあたり、同社と事業提携を行うアンビエントホールディングス(東京都港区)の藤本修社長が挨拶、「所得減と人口減で、今後は二世帯・三世帯で同居し、余った家を二次活用する傾向が強まり、耐震・断熱を含んだ大型リフォームの需要が高まっていく。今がチャンス」と呼びかけた。

特別講演では「健康・省エネ住宅を推進する国民会議」の上原裕之理事長が登壇。「当国民会議が軸となって進めるスマートウェルネス住宅等推進(SWH)事業のため、『ハウスINハウス』で断熱改修をすることでエビデンス収集の一助となってほしい」と訴えた。

また、ハイアス・アンド・カンパニーシニアコンサルタントの池山龍一氏は「営業専任者の設置」「体感物件の確保」「適切な広告費用」の3点を強化するという本部方針を説明。

濱村聖一社長は「少子高齢化が進む中、今後は医療費の問題もあり、健康維持コストの低減を目的としたリフォームが市場の当面のテーマになるが、『ハウスINハウス』でいち早くそれを行っている。会員各社が断熱リフォームの事業基盤を作り差別化していけるよう支援していきたい」と語った。

(さらに…)

2017年8月8日 火曜日 16:43

日刊不動産経済通信-平成29年7月28日(金)

ハイアス、断熱リフォーム組織が大会

ハイアス・アンド・カンパニーはこのほど、戸建断熱リフォームネットワーク「ハウスINハウス」の会員を対象とする全国大会を開いた。断熱リフォームの需要が高くなる冬季を見据えた全国一斉イベントを開催するほか、本部ホームページの充実化に取り組んでいることなどを伝えた。

同社の濵村聖一社長は高断熱住宅が健康に好影響をもたらすメリットなどを強調したうえで、「『ハウスINハウス』が提供する高断熱リフォームは健康維持コストを落とすことができ、大きな市場がやってくる」と呼び掛けた。高断熱リフォームを成功に導くためには、専任の営業社員を置くことや体感モデルの設置に加え、翌年の売上高に対し2.5~3%の販促費を投入する必要性を挙げた。

(さらに…)

2017年7月28日 金曜日 10:37

建通新聞-平成29年7月26日(水)

「ハウスINハウス」都内で全国大会開く

ハイアス・アンド・カンパニー(品川区)が組織する戸建て断熱健康リフォームネットワーク「ハウスINハウス」は18日、「第3回ハウスINハウス全国大会」を都内で開いた=写真。活動事例や現状を報告した他、本部方針などを発表した。

冒頭、アンビエントホールディングスの藤本修社長が「消費者は、新築よりも耐震・断熱などを含む高品質リフォームを選ぶ傾向が強まっている。この過渡期に需要を取り込めるように準備を進めてほしい」とあいさつした。

続いてハイアス・アンド・カンパニーの福島宏人取締執行役員は「断熱リフォームネットワークでトップを目指すため、各社には体感物件の確保、目標売り上げ5%の販促役員、営業の専任化を行う人的投資を徹底してほしい」と要請した。

大会では、国興の田中英光常務取締役とハウス・イン・ハウスの藤目新弥取締役が活用事例を発表した。

(さらに…)

2017年7月26日 水曜日 18:17

1 2 3 4 5 6 7
BACK

ページトップに戻る